スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。No.4

おはようございます。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

今日は何か変わりそうな1日也。
昨日まじまじと預金通帳を見たら、なんかすごく切迫感を覚えました。
へらへら笑っている僕の眼前に、ぎらりと刃の切っ先が突きつけられているようでした。

でも甲本ヒロトも忌野清志郎もみんな若い時は貧乏だったと思って、腹の下に気合を入れます。
太宰治も相田みつをも岡本太郎も石川啄木も長渕剛もそうだったと思ってがんばります。
歌をつくります。

あ!今日書きたかったことを思い出しました!

――「共感」について

最近からなのか昔からなのか、「共感」という言葉が、音楽において、とても安易に、また、言葉以上に良い意味として使われているのではないかと思う。

作り手側は「聴いている方に共感してもらえるような歌をつくりました」とか、聴き手側は「この歌、すごい共感できる!いい!」とか、音楽に対して「共感」という言葉が自然と多く使われていると思う。

「共感」の意味
≪共感(きょうかん、英語:empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。 もしくはその感情のこと。 たとえば知り合いがつらい表情をしているとき、相手が「つらい思いをしているのだ」ということがわかるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。 通常は、人間に本能的に備わっているものである。≫Wikipediaより

言葉自体の意味は、とても美しいですね。

ただ僕は作り手、聴き手双方が音楽において「共感」を目的とするのは違うんじゃないかなと思うのです。

例えば「僕ははじめて人を本気で愛せた もう君を離さないよ」みたいなサビの歌があったとします。
こんな感情、世界中ほとんどの人が思ったことがあるし、歌詞の意味もわかりやすいから聴いた方のほとんどが共感できると思います。

よって、この歌が『みんなが共感できる歌』=『いい歌』になるかというと、僕は違うと思います。
でも世の中がそういう風潮になっているんじゃないかなあなんて思います。

僕が好きな音楽は、聴き手側に「気付き」とか「発見」とか「突破」とかを与えてくれる音楽です。
そういう音楽がもっともっと必要だと思います。

例えば聴き手の僕が“A”という事を思っていたとします。
“A”というのはとても単純で簡単なことです。
例えば「君が好き」とか「生きるって辛いね」とか「友達最高」とか。
生きていればほとんど誰でも思う事としましょう。

そして僕が“A”について歌われている歌を聴くと「ああ、共感できるなあ」と思う訳です。

A⇒B⇒C…という順に思考や表現が深まっていくとして、次に僕が“B”について歌われた歌を聴くと、「ああ!“A”は“B”という事か!」とかみたいな気付きや発見があったりします。
いいですね。

中には“A”をユニークな表現で表す“A´”という場合もあるでしょうね。
それもいいなあと思います。

でもでもでもでも「うおお!すげえ!」って音楽って、“E”とか“F”とか“G”くらいのことを歌っていると思いませんか!?

“A”のことで悩んでいる人が“E”とか“F”の歌を聴いて「うおお!生きるってこういう事じゃん!」って思ったら、それが突破ですよ!

“A”から“E”に一直線で突き抜ける訳ですから、そこには衝動と興奮と感動と情熱とスピードがあるんですよ!

“A”のことで悩んでいる人が“G”を聴いたら、たぶん「はあ?何言ってんだか全然わからん。」って思うと思います。

でも、3年とか10年とか経った時に気付くんです。
「うぎゃあ!あれってこういうことだったんか!あいつ、これを歌ってたんかああ!!」って。
すごいすごい!音楽すごい!

それか“A”が歌われてる場合もあるよね!

「ああ!もう俺が言いたかった事言われてる!!!!!」みたいなやつ!!
あれ嬉しいね!!!
やったあああ!!!ってなりますね。

興奮してきた!

まあ、もう全部THE BLUE HEARTSのことです。
すごいんだよ結局。

他にぼくが好きな音楽はTheピーズ、真心ブラザーズ、エレファントカシマシ、吉田拓郎、中島みゆき、グループ魂、THE HIGH-LOWS、たま、小沢健二!!!順不同!!

とにかく僕は音楽が好きで、好きで、好きで、好きで、もう死んだら灰になって音楽になりたくて、もうダメです。

宜しくお願いします。

とりあえずワガママを言わないので、年収200万円欲しいです。

ライブ告知します。

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

おし!
今日も納得いく感じで書けた!綱渡り!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

FC2カウンター
プロフィール

ここにいるよ杉浦

Author:ここにいるよ杉浦
東京都内で活動するロックバンド、ド真ん中ズンのボーカル、ここにいるよ杉浦がやるせないダメダメな日々を嘔吐する新しい形のブログです。

好きな音楽は、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズ、Theピーズ、真心ブラザーズ、たま、水中、それは苦しい、グループ魂、エレファントカシマシ、忌野清志郎など。

好きな作家は、太宰治、夏目漱石、灰谷健次郎、町田康など。

趣味はバンド、読書、散歩。

Twitter
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ド真ん中ズンYouTube
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
100位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。