スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。No.6

こんばんは。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

昨日の続きを書きます。

あらすじ
小学校中学年の僕は自己紹介の中で「将来の夢」を発表することに。
だけどもガビチョーン!将来の夢は、祖父のある一言で失ったばっかり!
「いったい何を書けばいいのー!?」
慌てた僕は、隣の男の子が書いた夢を丸写しすることに!
それは、なんと「ミニ四駆のコースを作る人になる」ことであった!(どしぇー!!!)

――と言う訳で、僕はみんなの前で「ミニ四駆のコースをつくる人になる」という夢を掲げてしまいました。

僕はそんなこと一秒足りとも願ったことがないのに、なんという情けないことか。
と僕はがっくりしました。

僕の夢が書かれた自己紹介カードは、教室の壁にしばらくの間掲示されました。

クラスの頭の悪い男の子は「将来の夢」に「◯◯さん(クラスに実在する女子)と結婚したい」と書いていました。

僕は、この男の子はロックのバイブスを感じるカッコいいバカだなと思いました。

これが小学校中学年。

そして小学校高学年。
図工の時間に、僕たちはとある課題を出されました。

それは、画用紙に自分の現在の姿を描いて、画用紙の上に同じ大きさのセロハンを重ねると、画用紙に描いた自分が――例えば野球選手のユニフォームを着るなどして――将来の夢を叶えた姿になる絵を描きなさいというものでした。

つまり、その課題を達成するためには「将来の夢」がなくてはなりません。

もう将来の夢にはこりごりだった僕は、また困ってしまいました。

僕は、ちょうどその頃から親のすすめで空手を始めていました。
そして、新日本プロレスが好きだったので(小川vs橋本の時くらい)自分がプロレスラーになった姿を描くことにしました。

だけど、やっぱり課題を完成させるために無理につくった将来の夢ですから、課題制作中もちっともおもしろくないし、わくわくもドキドキもしませんでした。

だから、せめて笑える面白い作品にしようと思い、悪役レスラーみたいなサングラスをかけたり、ヒゲを生やしたりしました。

自分の将来の姿がどんどん本来の自分から離れていってしまうようで、僕は何をやっているんだろうと思いました。

なぜ大人は子供に将来の夢を描かせようとするのでしょうか。

中学生に入りました。
今度は粘土で将来の自分の立像をつくる課題が与えられました。

僕は、その頃にはブルーハーツに傾倒し、人の目とか大人の思惑を、分かりながら敢えて気にしない素振りをするという、ニヒルな姿勢をたまに覗かせていたので、腰に手を当てて、牛乳みたいな感じでビールをイッキ飲みする自分を創りました。

そして、高校、大学、就職活動…
就職活動の頃には9割くらいの人が普通のサラリーマンを目指していました。

だけど、図工の時間にサラリーマンの自分を描いた人なんていなかったなあと思いました。

僕は高校時代から明確な夢などなく、ケセラセラ、レットイットビー、なるようになる、的な感じでやってきたんですが、最近、自分が一つの明確な夢を持っていたことを思い出しました。

それは「会いたいと思った人に会える人」になることです。

スポーツ選手、作家、フリーター、社長、ミュージシャン。
「うわあ!この人すげえ!」ってなったら、その人と会えてしまうようなそんな人になりたいです。

僕の理想に一番近い人物はビートたけしです。

いろんな人と対談しながら、どんな相手にも持論を繰り広げ、おもしろい本にしている作品がいっぱいあります。

そんな事を思いました。

だけど、そんな自分はどうやって画用紙に描けるでしょうか?

人前で発表するのが恥ずかしい夢とか、抽象的で画用紙に描けない夢とか、そういった夢に価値はないんでしょうか?

そんなことはないですよね。

僕は「子供に夢を持たせよう」とか言ってる大人の言うことばかり聞いてると夢がとてもつまらないものになっちゃうんじゃないかなあと思います。

ライブ告知します!

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

これからライブっす!弾き語り!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

FC2カウンター
プロフィール

ここにいるよ杉浦

Author:ここにいるよ杉浦
東京都内で活動するロックバンド、ド真ん中ズンのボーカル、ここにいるよ杉浦がやるせないダメダメな日々を嘔吐する新しい形のブログです。

好きな音楽は、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズ、Theピーズ、真心ブラザーズ、たま、水中、それは苦しい、グループ魂、エレファントカシマシ、忌野清志郎など。

好きな作家は、太宰治、夏目漱石、灰谷健次郎、町田康など。

趣味はバンド、読書、散歩。

Twitter
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ド真ん中ズンYouTube
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
100位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。