スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引越ししました。→http://autorock.blog.jp/

おはようございます。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

ブログを引っ越しました→http://autorock.blog.jp/
ブックマークなどをしていただいていた奇特な方は変更をお願い致します。

拙ないブログですが今後とも何卒宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。No.6

こんばんは。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

昨日の続きを書きます。

あらすじ
小学校中学年の僕は自己紹介の中で「将来の夢」を発表することに。
だけどもガビチョーン!将来の夢は、祖父のある一言で失ったばっかり!
「いったい何を書けばいいのー!?」
慌てた僕は、隣の男の子が書いた夢を丸写しすることに!
それは、なんと「ミニ四駆のコースを作る人になる」ことであった!(どしぇー!!!)

――と言う訳で、僕はみんなの前で「ミニ四駆のコースをつくる人になる」という夢を掲げてしまいました。

僕はそんなこと一秒足りとも願ったことがないのに、なんという情けないことか。
と僕はがっくりしました。

僕の夢が書かれた自己紹介カードは、教室の壁にしばらくの間掲示されました。

クラスの頭の悪い男の子は「将来の夢」に「◯◯さん(クラスに実在する女子)と結婚したい」と書いていました。

僕は、この男の子はロックのバイブスを感じるカッコいいバカだなと思いました。

これが小学校中学年。

そして小学校高学年。
図工の時間に、僕たちはとある課題を出されました。

それは、画用紙に自分の現在の姿を描いて、画用紙の上に同じ大きさのセロハンを重ねると、画用紙に描いた自分が――例えば野球選手のユニフォームを着るなどして――将来の夢を叶えた姿になる絵を描きなさいというものでした。

つまり、その課題を達成するためには「将来の夢」がなくてはなりません。

もう将来の夢にはこりごりだった僕は、また困ってしまいました。

僕は、ちょうどその頃から親のすすめで空手を始めていました。
そして、新日本プロレスが好きだったので(小川vs橋本の時くらい)自分がプロレスラーになった姿を描くことにしました。

だけど、やっぱり課題を完成させるために無理につくった将来の夢ですから、課題制作中もちっともおもしろくないし、わくわくもドキドキもしませんでした。

だから、せめて笑える面白い作品にしようと思い、悪役レスラーみたいなサングラスをかけたり、ヒゲを生やしたりしました。

自分の将来の姿がどんどん本来の自分から離れていってしまうようで、僕は何をやっているんだろうと思いました。

なぜ大人は子供に将来の夢を描かせようとするのでしょうか。

中学生に入りました。
今度は粘土で将来の自分の立像をつくる課題が与えられました。

僕は、その頃にはブルーハーツに傾倒し、人の目とか大人の思惑を、分かりながら敢えて気にしない素振りをするという、ニヒルな姿勢をたまに覗かせていたので、腰に手を当てて、牛乳みたいな感じでビールをイッキ飲みする自分を創りました。

そして、高校、大学、就職活動…
就職活動の頃には9割くらいの人が普通のサラリーマンを目指していました。

だけど、図工の時間にサラリーマンの自分を描いた人なんていなかったなあと思いました。

僕は高校時代から明確な夢などなく、ケセラセラ、レットイットビー、なるようになる、的な感じでやってきたんですが、最近、自分が一つの明確な夢を持っていたことを思い出しました。

それは「会いたいと思った人に会える人」になることです。

スポーツ選手、作家、フリーター、社長、ミュージシャン。
「うわあ!この人すげえ!」ってなったら、その人と会えてしまうようなそんな人になりたいです。

僕の理想に一番近い人物はビートたけしです。

いろんな人と対談しながら、どんな相手にも持論を繰り広げ、おもしろい本にしている作品がいっぱいあります。

そんな事を思いました。

だけど、そんな自分はどうやって画用紙に描けるでしょうか?

人前で発表するのが恥ずかしい夢とか、抽象的で画用紙に描けない夢とか、そういった夢に価値はないんでしょうか?

そんなことはないですよね。

僕は「子供に夢を持たせよう」とか言ってる大人の言うことばかり聞いてると夢がとてもつまらないものになっちゃうんじゃないかなあと思います。

ライブ告知します!

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

これからライブっす!弾き語り!

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。No.5

こんばんは。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

僕の夢遍歴について書きます。

あの時、真面目な顔をした大人から問われ続けた将来の夢…
皆さん!その「将来」が今、現在となり、現実となってますよ!

小学校低学年の頃、僕の最初に抱いた将来の夢は「水族館の館長」でした!
僕はめちゃくちゃ生き物の図鑑が好きな子どもで、特に魚が好きでした!

いろんな種類の図鑑を持っていて、その時の気分に合わせて、いつも読んでいた覚えがあります!
余談ですが、僕の一番気になる魚はダンゴウオです!
実物はまだ見たことがありません!見たい!

僕は天井、壁、床がガラス張りで、まるで竜宮城にいるみたいな水族館を作りたかったのです!
すてきだ!今思っても素敵だ!

僕はその構想をおじいちゃんに話しました。
するとおじいちゃんは、こう言いました。
「そういうレストランが○○県にあるよ。今度連れて行ってあげる。」

――僕の頭の中に広がる水族館は地球上のどこにもないのに!!

僕はその勘違いした思いやりに、激しいショックを受けて、「水族館の館長になりたい」と二度と口にしなくなりました。

今思えば、僕のこの感じやすく、扱いづらい性格は、幼少時代から変わっていないのですね。


小学校中学年の頃、クラス替えしたばかりだったので自己紹介タイムがありました。
自己紹介カードに書いた内容を発表していく形式なのですが、そこに「将来の夢」という項目がありました。

僕は、先ほどの理由から夢というものを失っていたので、非常に悩みました。
ずっとずっと「将来の夢」の項目だけ空欄のまま、時間がどんどん過ぎていくので、僕の心臓はどきどきしました。

その時、隣に座っていた仲良しだった男の子が「ミニ四駆のコースを作る人になりたい」と書いているのがチラッと見えました。
ミニ四駆とは当時の僕たちを熱狂させた電池で走る車の玩具です。

僕は子どもながらに「はあ?ミニ四駆なんか俺達が大人になる頃にはとっくに廃れてるっつうの。ばかじゃねえの。ガキが。」と思いました。

が、あろうことか、僕は自分の「将来の夢」に「ミニ四駆のコースを作る人になりたい」と書きました。
そう。僕もガキだったのです。
悩んで悩んで悩み抜いて、適当なウソが思い浮かばなくて、どうせウソならなんでもいいやと、隣の友達が書いたままを書いたのです。

みんなが自己紹介を始めました。
そして、僕の順番が回ってきました。
僕は自分の将来の夢を発表したくありませんでした。
なぜなら、僕の将来の夢に書かれた僕の将来の夢は、僕の将来の夢ではなかったからです。

僕の順番が回ってきたので、僕は席を立ちました。
僕は誰にも眼が合わないように真っ正面を見て、「将来の夢はミニ四駆のコースを作る人になることです。」と言いました。

つづく

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

おなかいたい。
明日ライブっす!21:40から!

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。No.4

おはようございます。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

今日は何か変わりそうな1日也。
昨日まじまじと預金通帳を見たら、なんかすごく切迫感を覚えました。
へらへら笑っている僕の眼前に、ぎらりと刃の切っ先が突きつけられているようでした。

でも甲本ヒロトも忌野清志郎もみんな若い時は貧乏だったと思って、腹の下に気合を入れます。
太宰治も相田みつをも岡本太郎も石川啄木も長渕剛もそうだったと思ってがんばります。
歌をつくります。

あ!今日書きたかったことを思い出しました!

――「共感」について

最近からなのか昔からなのか、「共感」という言葉が、音楽において、とても安易に、また、言葉以上に良い意味として使われているのではないかと思う。

作り手側は「聴いている方に共感してもらえるような歌をつくりました」とか、聴き手側は「この歌、すごい共感できる!いい!」とか、音楽に対して「共感」という言葉が自然と多く使われていると思う。

「共感」の意味
≪共感(きょうかん、英語:empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。 もしくはその感情のこと。 たとえば知り合いがつらい表情をしているとき、相手が「つらい思いをしているのだ」ということがわかるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。 通常は、人間に本能的に備わっているものである。≫Wikipediaより

言葉自体の意味は、とても美しいですね。

ただ僕は作り手、聴き手双方が音楽において「共感」を目的とするのは違うんじゃないかなと思うのです。

例えば「僕ははじめて人を本気で愛せた もう君を離さないよ」みたいなサビの歌があったとします。
こんな感情、世界中ほとんどの人が思ったことがあるし、歌詞の意味もわかりやすいから聴いた方のほとんどが共感できると思います。

よって、この歌が『みんなが共感できる歌』=『いい歌』になるかというと、僕は違うと思います。
でも世の中がそういう風潮になっているんじゃないかなあなんて思います。

僕が好きな音楽は、聴き手側に「気付き」とか「発見」とか「突破」とかを与えてくれる音楽です。
そういう音楽がもっともっと必要だと思います。

例えば聴き手の僕が“A”という事を思っていたとします。
“A”というのはとても単純で簡単なことです。
例えば「君が好き」とか「生きるって辛いね」とか「友達最高」とか。
生きていればほとんど誰でも思う事としましょう。

そして僕が“A”について歌われている歌を聴くと「ああ、共感できるなあ」と思う訳です。

A⇒B⇒C…という順に思考や表現が深まっていくとして、次に僕が“B”について歌われた歌を聴くと、「ああ!“A”は“B”という事か!」とかみたいな気付きや発見があったりします。
いいですね。

中には“A”をユニークな表現で表す“A´”という場合もあるでしょうね。
それもいいなあと思います。

でもでもでもでも「うおお!すげえ!」って音楽って、“E”とか“F”とか“G”くらいのことを歌っていると思いませんか!?

“A”のことで悩んでいる人が“E”とか“F”の歌を聴いて「うおお!生きるってこういう事じゃん!」って思ったら、それが突破ですよ!

“A”から“E”に一直線で突き抜ける訳ですから、そこには衝動と興奮と感動と情熱とスピードがあるんですよ!

“A”のことで悩んでいる人が“G”を聴いたら、たぶん「はあ?何言ってんだか全然わからん。」って思うと思います。

でも、3年とか10年とか経った時に気付くんです。
「うぎゃあ!あれってこういうことだったんか!あいつ、これを歌ってたんかああ!!」って。
すごいすごい!音楽すごい!

それか“A”が歌われてる場合もあるよね!

「ああ!もう俺が言いたかった事言われてる!!!!!」みたいなやつ!!
あれ嬉しいね!!!
やったあああ!!!ってなりますね。

興奮してきた!

まあ、もう全部THE BLUE HEARTSのことです。
すごいんだよ結局。

他にぼくが好きな音楽はTheピーズ、真心ブラザーズ、エレファントカシマシ、吉田拓郎、中島みゆき、グループ魂、THE HIGH-LOWS、たま、小沢健二!!!順不同!!

とにかく僕は音楽が好きで、好きで、好きで、好きで、もう死んだら灰になって音楽になりたくて、もうダメです。

宜しくお願いします。

とりあえずワガママを言わないので、年収200万円欲しいです。

ライブ告知します。

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

おし!
今日も納得いく感じで書けた!綱渡り!

生きる事、死ぬ事、友達の事、僕のすべて。第3章

おはようございます。
ド真ん中ズンのここにいるよ杉浦です。

――僕にとって、生きるということに表現は欠かせない。

…ちょっとコイツ、アーティストでもないくせに頭おかしいんちゃうか。
と思うかもしれませんが、すみません、ちょっと待ってください。

いや、やっぱりおかしいか。
言い方がキザすぎるな。

――人間、誰しも表現者である。

僕は心からそう思っているんだけど、やっぱり違和感を覚える人もいるかもしれない。
でも、やっぱり僕は、衣食住とか、日頃の言動とか、すべてがその人の表現だと思うのだよね。
一般的にアーティストとか言われる人は、その対象が多くの人に向かっていて、尚且つそれが芸術的に優れているとか、社会的に良い評価をされているというだけで、必ず僕たちのすべては表現となり、どこかへ向かっているものだと思うのね。

例えば鳥の鳴き声。
車の通る音。
空に浮かぶ雲の形。

おばあさんの紫の髪の色。
おばあさんの緑の髪の色。

五感において、なにか引っかかりがあったその瞬間、僕たちはビビビと何かを受信するのだよ。
いやあ、いいですね。

僕が考える表現する事の意味とは「自分の毒抜き」です。

僕は結構いつも「優しい人間」であろうと努力をしているつもりなんだけれども、どうしてもそういう努力をしていると、その反動が悪い感情となって、ドーンとくることがあって、そういう時に、音楽をやると気分がスッキリするのね。

きっと表現と言うのはスッキリするということなんだろうな。

だから、みんなが「スッキリしたなあ」と思ったら、それは何かを表現したことなのだし、そういうことは行き過ぎて人に迷惑にならない限りは進んでやっていいことだと思います。

だから僕は音楽をやります。

ライブ告知します。

■2月24日(火)
新高円寺クラブライナー
翔馬企画「BARペガサスvol.14」
※詳細未定。ここにいるよ杉浦弾き語り。

■3月3日(火)
中野ムーンステップ
※詳細未定

asian ura ra
インフォメーションノーネイム
キムチーズ

■3月13日(金)
吉祥寺WARP
The Endcores企画
※詳細未定

■3月23日(月)
下北沢ベースメントバー
下北沢ベースメントバー&スリー共同企画
※詳細未定

■3月26日(木)
三軒茶屋ヘブンズドア
※詳細未定

■4月17日(金)
新松戸FIREBIRD
"2ピース祭り Vol. 2.5"
※詳細未定

集中したー!
FC2カウンター
プロフィール

ここにいるよ杉浦

Author:ここにいるよ杉浦
東京都内で活動するロックバンド、ド真ん中ズンのボーカル、ここにいるよ杉浦がやるせないダメダメな日々を嘔吐する新しい形のブログです。

好きな音楽は、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズ、Theピーズ、真心ブラザーズ、たま、水中、それは苦しい、グループ魂、エレファントカシマシ、忌野清志郎など。

好きな作家は、太宰治、夏目漱石、灰谷健次郎、町田康など。

趣味はバンド、読書、散歩。

Twitter
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ド真ん中ズンYouTube
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
159位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。